前へ
次へ

結婚の話を親にしたら反対された時

結婚は当人同士で行いますが、家同士のつながりにも関係するので親に話をするのは当然の流れと言えるでしょう。
親としても自分が大事に育てた子がどんな人と結婚するのかは気になりますし、もし子供が連れてきた結婚相手がとんでもない人だったら何が何でも反対をして止めなければいけません。
結婚しようと考えているカップルが互いに話し合って結婚を決めたなら、早めに親に伝えて相手のことも話すようにします。
その時反対されるような要因があるときは少し心配になることもありますが、まずは正直に話すようにしましょう。
正しくないことを言って話を進めようとしても、後でばれた時に困ることになります。
ただ正直に話したことで反対される可能性があります。
反対されたからそれで諦めるのではなく、親がなぜ反対をしているのかを冷静に考えましょう。
夫になる人の職業であったり収入、経歴などが問題になることがありますが、それらの心配がなくなるような情報を提供することで反対を撤回してくれるかもしれません。

Page Top