前へ
次へ

新婚旅行と仕事との兼ね合いを考える

会社等に勤めていると有給休暇がもらえるときがあり、基本的には社員が自由に休む日を決められます。
それ以外に慶弔による休暇を特別に決めている会社もあり、冠婚葬祭の行事に出席するのであれば有給休暇とは別に休めるところもあります。
事前に申請をしておいて認可されれば休むことができるでしょう。
結婚をするときには結婚式を挙げてその後新婚旅行をすることが多いです。
会社の方も本人の結婚による特別休暇として5日から1週間ぐらい取れるようにしてくれるところもあるので、海外旅行なども行くことができるでしょう。
一応権利としてはあるものの、いつでも取っていいかとなると考えないといけないときもあります。
営業職であればお客さんもいるので、商談中のお客さんを放っておいて結婚式や新婚旅行に行ってもいいのか気になるかも知れません。
会社に繁忙期と閑散期があるときに繁忙期に結婚式を挙げるのも問題になる可能性があります。
式の日程に関しては会社にも相談をしながら問題が無い時期を選ぶ必要があるでしょう。

Page Top