前へ
次へ

親の了承なしに結婚を進めるのは難しい

結婚は当人同士が行うものなので、親は関係ないと考える人もいるかもしれません。
しかし親にとっては子供の結婚になるのでいろいろ心配事があるでしょう。
年頃になってくれば結婚を前提に付き合っている人がいるのか、いつ頃結婚をするのかなどの話が出てくるのは当然かもしれません。
結婚を前提に付き合っている人がいて、互いにそれなりに決心ができた時に結婚をすることを誓います。
もちろんそれだけで結婚したことにはなりませんが、二人で結婚することを確認したならまずは親にそれを報告しましょう。
互いの親に結婚相手がいることと、結婚をしたいことを伝えます。
結婚の話をすると自然に出てくるのは相手の話で、どんな人なのかなどと聞かれるでしょう。
このときにただ言葉でどこに勤めていて身長はどれくらいなどと言っても収まらず、きちんと会ってもらうようにします。
この時はあまり期間を開けるのは良くないかもしれません。
互いの家に言って親に了承をもらって話を進めるようにします。

Page Top